正面から見たBOSCH2機種

販売台数世界No.…

Bosch担当者に訊くBosch食洗機の魅力

 

共働きが増える中、家事の時短化を図り、家族や自分への時間を増やしてくれる『神家電』の一つとして注目されている食洗機。しかし普及率90%の海外に比べ、日本では30%とまだまだ発展途上といえます。海外との普及率の差はどこにあるのでしょうか。世界トップシェアを誇るBoschが満を持して3年前に日本市場に再上陸。海外の食洗機事情も踏まえ、世界の主婦が魅了されるBosch食洗機の魅力をBosch日本総代理店のシニアマネージャー 藤田幸大様にお伺いしました。

インタビュー:志村志保

2019年6月21日公開

食洗機に描かれたBOSCHのロゴ

 

世界シェア30%を誇るBoschの食洗機、再び日本に上陸

―Boschさんは日本では電動工具で馴染みが深い印象ですが、ヨーロッパでは家庭用の家電製品において中核的な企業であると伺いました。どのような会社なのでしょうか。

 

藤田様:主に自動車関連部品や工具、家電、産業機器で世界をリードするドイツ企業のグループで、総売り上げは約10兆円を誇ります。そのうち60%が車関連部品、家電製品では食洗機に関しては世界6工場年間600万台を生産し、世界シェア30%です。ドイツ・デリンゲンにあるボッシュ工場だけでも1日10,000台生産しています。

 

bosch工場

1967年にシーメンスAGとロバート・ボッシュGmbHの共同事業としてBSH Hausgeraete GmbH(以下BSH)が設立。2015年にはボッシュグループがシーメンスの保有株を買い取り、BSHはボッシュグループに完全移管。写真はドイツ・デリンゲンの食洗機専門工場。日産1万台の製造キャパを有する世界最大の食洗機専門工場。

 

―世界トップシェアのBoschさんは1990年代初頭に日本市場にいち早く食洗機市場に参入されていますが、一度撤退された理由と、再度日本市場に参入された理由を教えて下さい。

 

藤田様:Boschの食洗機事業は1992年12月に日本から撤退しています。当時の日本市場は食器洗機より食器乾燥機が主流であり、電気ヒーターでしっかりと食器を乾かす、国産の食洗機乾燥機が好まれました。欧米の食洗機は「汚れを落とす」ことを目的としており、自然の原理を生かした『余熱乾燥』方式は、日本では受け入れられにくいという時代背景がありました。その背景のもと、日本から一旦撤退することになりました。
3年前、Boschは「ゼオライト・ドライ」という乾燥機能を搭載した食洗機を発売しています。また日本向けに、コンパクトなキッチンに組込みやすいW450の機種を用意し、Boschとして再度日本の市場に参入する事ができました。

 

正面から見たBOSCH2機種

左がW600のSMI69N75JP 右がW450のSPI66MS006 どちらも庫内は広く、多くの食器を収納することが可能。

 

広い庫内、環境に配慮された設計ながらも、パワフルな洗浄力

―現在、家事の効率化や家事負担の分担を図る家電として、食洗機の購入を検討されるケースが増えてきております。また、日本の住宅事情として、リビングの真ん中にキッチンが配置されるセンターキッチンが流行ってきており、汚れた大量のお皿やお鍋まで洗える大容量の海外製の食洗機が注目されています。国産メーカーの食洗機と海外メーカーの食洗機とは大きな違いはどこにあるのでしょうか。

 

藤田様:国産メーカーとの違いは大きく3つ挙げられます。
1つ目は、『広い庫内と収納力』です。海外製は国産メーカーに多く見られる引き出し式とは異なり、正面から食器を収納するフロントオープンタイプが主流です。国産メーカーと同じW450タイプでも3~4人家族であれば、1日食事で使用したお皿やコップ、お鍋までまとめて洗うことができます。特に弊社のものは同クラス内トップレベルの収納力があります。ちなみに海外ではW600タイプが普及しており、販売台数の80%を占めています。

 

庫内は広くパワフルな洗浄力が魅力。大切なワイングラスも専用のホルダーを使用することで安心して洗浄可能。

 

2つ目は、『パワフルな洗浄能力』です。200Vのハイパワーと3層のスプレーアームでしっかり汚れをキャッチし、食べ残しを払ってそのまま入れるだけで隈なく汚れを落とします。Boschでは上段バスケットに上下どちらにも散水するダブルスプレーアームを設置しています。

 

 

ECOモードなら通常の食器洗いと比べて約1/10に

 

3つ目は、『節水・省エネ効果』があることです。水道を流しっぱなしで手洗いすると5分間で約60L使います。食洗機ですと7L~10L程度なので、海外・国産ともに節水効果があります。しかし国産メーカーは海外メーカーに比べ容量が少ないこともあり、1日2~3回は使用しなければなりません。1日1回まとめ洗いが可能な海外製はトータルでみると、より節水効果があります。

 

世界的な環境問題へも配慮した設計でありながら、高い機能を誇るBoschの食洗機

 

ドイツをはじめヨーロッパは環境活動が盛んでエネルギーの消費も削減します。食洗機での乾燥方法は、ヒーターを使わない自然の原理を利用した「余熱乾燥」方式です。最終的に65℃以上の高温ですすぎ、食器の温度を上げてからドアを開けることで、庫内温度を下げ、放熱と同時に水分を気化させることができます。

 

ゼオライトのサンプル

ゼオライトは交換不要でメンテナンスフリー

 

自然鉱物「ゼオライト」を生かした乾燥方式

―国産に比べ、海外製は洗浄力があるのも魅力のひとつですね。また環境への配慮も理解できました。しかし、海外製の余熱乾燥方式では十分に乾かないのではないかと、不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。Boschさんの「ゼオライト・ドライ」機能は、どのような乾燥方式なのでしょうか。

 

藤田様:エネルギーの節約技術を生かし、自然な鉱物であるゼオライトの特性を生かした独自の乾燥方式です。ゼオライトは、湿気を吸着すると熱を発生する特性を持っています。
すすぎの終盤で熱された食器から水分が蒸発し、湿った空気は庫内から吸気され、ゼオライトへ送られます。ゼオライトが湿気を吸収し発熱することで、熱く乾いた空気が庫内に戻るという仕組みです。ゼオライトの吸着した湿気は、次の洗浄工程で熱せられ放出されるので再生します。また、カビや汚れも着かない性質を持っているため、交換や補充の必要がなく、半永久的に使用することができます。

 

新モデル(写真右)も登場し、確実に日本でのシェアも伸び始めている

 

カジュアルにお求めいただける価格で長く使える

―海外製の食洗機を購入する際に、ハードルとなるのは国産に比べ初期投資が掛かる点が考えられます。その点はどのようにお考えでしょうか。

 

藤田様:Boschは世界シェア30%のBSHグループの基幹ブランドです。同グループのGAGGENAU(ガゲナウ)ブランドはドイツでも最高級ブランドに位置しますが、Boschは普及価格帯とされ、カジュアルにお求めいただいています。W450タイプのSPI46MS006においては、国内メーカーとほぼ同じ定価です。徹底した品質管理で15年の耐久性テストを実施し、ヨーロッパでは長く修理して使う風習もあり、海外で実際に20年以上ご使用いただいている実績もあります。長期使用を想定し造られておりますので、長い目で見ていただきますと、国産メーカーと大きな差にはならないと考えております。

 

購入から5年間、機器の故障・不具合に関わる修理等の費用が保証書の記載内容に基づき、全て無料に

 

業界初の無償メーカー保証5年の安心感

―アフターサービスは充実しているのでしょうか。また、修理が発生した場合に高額になるのではという心配もありますが、その辺りは如何でしょうか。

 

藤田様:Bosch食洗機の代理店である弊社は、この度業界初の無償メーカー保証を2年から5年に設定しました。(※購入時に食洗機に付属されるハガキを投函することが必要になります。)アフターサービスのエリアについては、北海道から沖縄・離島まで全国に対応しております。保証期間外での修理も、全国一律価格で対応致します。部品保有期間に関しては、改廃から10年(日本代理店のみ)は対応できるようにしておりますので、長期保証とアフターサービスは安心してご購入いただけます。

 

排水配管が簡単にできる部品の開発など、施工面でも様々な工夫を試行錯誤している

 

輸入機器ならではの設置条件もTHINKAⅡなら問題なし

―新築だけでなく、リフォームや国産からの買い替えなど様々なケースがありますが、設置について注意する点などございましたら教えて下さい。

 

藤田様:まず、ブレーカー付き単層200Vが必要です。リフォームや買い替えの場合は既存との取り合いにご注意下さい。そしてビルトインする際の設置高さとして86cmが必要となります。国産メーカーのキッチンカウンターの高さは85cmが標準のため、設置可能か予め確認が必要です。THINKAⅡのキッチンはカウンターの厚みが薄いため、85cmでも問題なく入りますね。また、庫内が広い設計になっているため、海外製の食洗機は、給排水の接続が左右のキャビネット内になります。そのため、シンクキャビネット内で排水配管が簡単にできるよう、食洗機専用排水継手を開発しました。(※SP1456MS006シリーズのみ入付部品になります)

 

「滝の音」を大音量で再生した携帯を食洗機庫内に入れる実験。高い静音性であることがわかる。

 

高い静音性で運転音は「図書館と同レベル」

―最後に、個人的には食洗機の運転音が気になります。カタログでは運転音は42㏈(IEC60704-2-3に基づく)で「図書館と同レベル」の静けさとありました。体験することは可能でしょうか。

 

藤田様:㏈の基準値が日本とヨーロッパでは異なります。実演は出来ませんが、スマートフォンの音楽で体験頂きましょう。(※スマートフォンなどの音が鳴る電子機器を庫内に入れて扉を閉めることで、静音性を体験することができます)

 

まとめ

今回のインタビューを通じて、海外食洗機とBoschの魅力を知ることができました。大容量で節水や省エネ効果も高く、長期保証・アフターサービスがしっかりしていることから、日本の住宅に合った食洗機であると感じています。そのため、THINKAⅡではBoschの食洗機を設定しております。食洗機の購入を検討されているお客様には、日本向けに製造されたBoschの食洗機をぜひご検討いただきたく思います。

 

ショールーム詳細

Bosch 東京ショールーム

〒103-0007

東京都中央区日本橋浜町3−26浜町京都ビル3F

株式会社G-Place

※完全予約制となっております。

TEL:03-3663-8745

HP:https://dishwashers.club-bs.jp/showroom/

 

\この記事が気に入った方はぜひシェアをお願いします/

プランナーに聞く …

プランナーに聞く

SHIBUYA KITCHEN STUDIO

今回、scestoのオーダーキッチンをご採用いただいたSHIBUYA KITCHEN STUDIOについて、弊社プランナーの志村にプランのこだわりなどを聞いてみました。これからオーダーキッチンを採用されることを検討されている方、scestoのオーダーキッチンではどのようなことが実現できるのか知りたいという方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

 

インタビュー:高瀬志織

 

”レンタルキッチンスペース”のキッチン

 ーこちらの物件でscestoのオーダキッチンが採用されたのはどのような経緯だったのか教えてください。また、特殊なキッチンに見えますが、どのような使用目的のキッチンなのでしょうか?

 

志村:ビルを一棟丸ごと改修し、語学学校や音楽ホール、貸しスタジオにし、その一画をキッチンルームにされるということでお声掛けいただきました。

レンタルキッチンスペース「Kitchen Studio」をメインとし、料理教室として、また音楽ホールを使われる方々の待機室として利用していただくことが目的です。

すでに他のプランを検討されていたのですが、「少しでも使い勝手が良くなるようにプランにしたい」ということでご相談いただきました。

 

料理教室を始めとした様々なイベントなどが行われている。

 

配管スペースと壁に挟まれた狭いスペースを活かしたプラン

ープランニングをするにあたりこだわった点やプランの詳細を教えてください。

 

志村:I型キッチンのシンク脇のカウンターをL型にすることで、トールキャビネットによってデッドスペースになっていた場所を家電置き場にしました。

L型のカウンターにすることで、隙間に身体を滑らせることなく、コーナーに立って作業ができます。


scestoにご相談いただく前のレイアウト図面。コーナーに設置予定だったトールキャビネットを利用するには身体を隙間に滑り込ませる必要があった。また、シンクとコンロの距離も近く、作業スペースが狭かった。

 


ご提案後のレイアウト図面。トールキャビネットではなく、L型のカウンターにすることで身体を隙間に滑らせることなく、コーナーを家電置き場として活用が可能に。引き戸の吊戸を設置することで収納力も確保しシンクとコンロの距離が広がり、作業スペースも広く確保。

 

また、カウンター下をオープンにすることで、分別ゴミ箱や食品の保管場所として利用できるようにしました。

今回は用途がキッチンスタジオなので、生活感が出てしまう家電やゴミ箱は壁に隠し、外から見えないようにしています。

 


カウンター下をオープンにすることで分別ゴミ箱や食品の保管場所として活用可能に。

 

料理教室だけでなく、日本語学科生の授業の一環としての利用も

ー設置後について、オーナー様からお言葉などはありましたでしょうか?

 

志村:設置後について、ご担当者様にお話を伺ったところ、

現在は、料理教室だけでなく、日本語学科生の授業の一環として定期的にご利用いただいております。また、お取引先様にはワインのソムリエコースや商品紹介のイベントの場としてご活用いただき、皆様よりご好評をいただいております。

と嬉しいお言葉をいただいております。

 

scestoでは住宅のキッチンだけでなく、今回のような問題解決のご相談から特注対応のキッチンのプランニングまでご提案させていただいております。

気になった方はぜひお問い合わせください。

 

キッチンに関するお問い合わせはこちらから

 


スタジオ詳細

SHIBUYA KITCHEN STUDIO

〒150-0031

東京都渋谷区桜丘町15-17 NKG東京ビル

TEL:03-6427-8890

FAX:03-3463-4901

HP:https://www.shibuyakitchen.com/

 

今回登場したキッチンはこちら

オーダキッチン

希望小売価格:オープン価格

プラン

スタイル

L型:間口3300 奥行き1130

アイランド型:間口2000 奥行き1000

 

ワークトップ

L型:ステンレスバイブレーション仕上げ

アイランド型:アイカ工業 フィオレストーン ミスティブラック MB03

 

アイカ工業 メラミン ホワイト KM0001KM

 

採用機器

水栓

グローエ コスモポリタン 3139002

 

浄水器

クリンスイ A103ZC

 

食洗機

ミーレ G4820SCi ブリリアントホワイト

 

加熱機器

L型:ハーマン +DO DW35F2JTKST

アイランド型:ミーレ KM6311LPT

 

換気扇

L型:富士工業 CLRL-ECS-901LW

アイランド型:アリアフィーナ センターバルケッタ CBARL-952S

 

その他

ハーマン 高速オーブン DR514CST

 

THINKAⅡについての詳細はこちらから

 

 

オーナー様に聞くT…

オーナー様に聞くTHINKAⅡ F様邸

前回からお時間が経ってしまいましたが、今回もリフォームでTHINKAⅡをお選びいただいたオーナー様にどのような経緯でTHINKAⅡをご採用いただいたのかをお聞きしました。また、採用の一番のきっかけとなった点や、使用感についてもお聞きしました。

 

 

探していたのは「スッキリシンプルなキッチン」

ー 数あるキッチンメーカーの中でTHINKAⅡをお選びいただきありがとうございました。このたび、どのような経緯でTHINKAⅡをお選びいただいたのでしょうか?

 

オーナー様:工務店さんに相談する前に、他社のショールームをいくつか見学しました。しかし、希望していた「スッキリシンプルなキッチン」に出会えませんでした。中には良いと思うものもありましたが、予算が合わなかったため工務店さんに相談したところTHINKAⅡを紹介していただき、THINKAⅡに決めました。

 

スッキリとしたシンプルで飽きのこないデザインがTHINKAⅡの魅力の一つ。

 

お気に入りのワークトップ

ー THINKAⅡを気に入っていただけた点はどのような点だったのでしょうか?

 

オーナー様:ワークトップのフィオレストーンの質感・色味がとても気に入っています。

 

ワークトップにはアイカ工業の天然水晶を主成分とした高級人造石「フィオレストーン」のブランソルベを採用。ステンレスや普及価格帯の人造大理石以外にもご希望にあわせて様々なワークトップをお選びいただくことができます。

 

 

使い方に合せて仕様を決められるキッチン

ー 実際に使われてみて、いかがでしたか?

 

オーナー様:以前は、家族が大勢集まったときに、一人だけキッチンにいるのが嫌でした。今回、キッチンに入るために扉をなくし、対面型のペニンシュラキッチンにしたおかげで、開放的でみんなが手伝いやすくなり、一緒に作業できるのが嬉しいですね。以前はコンロの横にあった食器洗い機がシンクのすぐ横にきたおかげで動線的にも良くなりました。また、引出しの収納なので、すべてが一目で見えて出し入れしやすいです。リビング側の収納もたっぷりあり、以前はしまいこんでいたコーヒーカップがすぐ取り出せるので使いやすくなりました。

 

ペニンシュラタイプは開放的な空間を演出してくれます。

 

いかがでしたでしょうか?

セミオーダーキッチンTHINKAⅡは、皆様のライフスタイルに合せてデザインや仕様をカスタマイズしていただけるキッチンです。

スッキリとしたシンプルなデザインは様々なシーンに溶け込みます。

気になった方はぜひお問い合わせください。

 

キッチンに関するお問い合わせはこちらから

 


建築会社様 情報

内田建設株式会社

〒185-0004 東京都国分寺市新町3-20-11

TEL:042-323-2621

FAX:042-323-9868

MAIL:postmaster@k-uchiken.com

HP:https://www.k-uchiken.com/

 

今回登場したキッチンはこちら

THINKAⅡ ※一部特注品

希望小売価格:オープン価格

プラン

スタイル:ペニンシュラ型 間口2750(特注) 奥行き970(特注) オール背面収納仕様

ワークトップ:フィオレストーン(特注) GL01

扉(キッチン側):メラミン JC-408K

扉(背面側):メラミン JC-408K

 

採用機器

水栓、浄水器:既存品仕様、食洗機:パナソニック、加熱機器:パナソニック IH

 

THINKAⅡについての詳細はこちらから

 

 

オーナー様に聞くT…

オーナー様に聞くTHINKAⅡ 

ノオト建築設計舎 大澤様

2018年6月のブランド設立以降、多くの皆様に支えていただきながら少しずつではありますが、scesto+(シエスト)は前進してきました。おかげさまで、セミオーダーキッチンTHINKAⅡも皆様にご採用いただいております。そのような中でTHINKAⅡを気に入っていただき、実際にご自宅でご採用いただきましたノオト建築設計舎の大澤様にTHINKAⅡについてお話をお聞きしてきました。

 

 

背面を全て収納へカスタマイズしたこだわりの仕様

ー 数あるキッチンメーカーの中でTHINKAⅡをお選びいただきありがとうございました。今回、ご自宅のキッチンリフォームを検討されたきっかけ、THINKAⅡをお選びいただけた理由はどのような点だったのでしょうか?

 

大澤様:キッチンが古くなってきていたことと、収納スペースを作りたかったことが大きいです。リビングで作業をすることが多いので、カタログやパソコン、事務用品をすぐに取り出せるようにしたいという思いがありました。これらの要望を叶えるには既存のキッチンでは難しいかなということで、セミオーダーで収納を自分好みの物にすることができるTHINKAⅡに決めました。

 

お子様の絵本やお仕事で使われるパソコンなどが収納できる様に背面を全て収納にカスタマイズ。

 

THINKAⅡはまさにドリームキッチン

ー THINKAⅡをお選びいただいた上でのTHINKAⅡの魅力やおすすめのポイントがあれば教えてください。

 

大澤様:設備機器や扉を自分の好きなようにカスタマイズできるところです。扉はサンプルを取り寄せて、何度も打合せを重ねてカラーを決めました。コンロは魚が焼けてトーストとしても使えるものにしたくて、おすすめしていただいたリンナイのデリシアにしました。フルオーダーよりも価格を抑えることができたので、まさにドリームキッチンだと思います。

 

取手やプッシュラッチはあえて採用せず、こだわりの「穴あけ加工仕上げ」を採用。こうした特注対応も可能なのがTHINKAⅡの魅力の一つ。

 

 

使い方に合せて仕様を決められるキッチン

ー 実際に使われてみて、いかがでしたか?

 

大澤様:ここで調理して、ここにお皿を並べて…とか、どんな風にキッチンを使うかシミュレーションしながら仕様を決めたので、使い勝手が良いです。こうすればよかったというのはないですが、次はこうしようっていうのはありますね。扉の色を変えようとか。「今の機器が壊れたら次はこういうの買おうね」って主人と話しています。お手入れは毎日拭くくらいです。オープンにしたので、テーブルに座っている息子と顔を見ながら会話できるのが良いですね。あと配膳がしやすくなったので、手伝ってもらいやすいです(笑)

 

カラーバリエーションが豊富なため、キッチンのみのリフォームでも違和感なく空間に溶け込みます。

 

皆様、いかがでしたでしょうか?

セミオーダーキッチンTHINKAⅡは、皆様のライフスタイルに合せてデザインや仕様をお選びいただけるキッチンです。

大澤様のように、収納にこだわりたい方にもおすすめですので、気になった方はぜひお問い合わせください。

 

キッチンに関するお問い合わせはこちらから

 


オーナー様&建築会社様 情報

ノオト建築設計舎 一級建築士事務所

〒124-0006  東京都葛飾区堀切4-50-15

TEL:03-5680-8010

FAX:03-6800-5597

HP:https://www.ki-no-ie.jp/

最寄り駅:京成本線 堀切菖蒲園駅

 

 

今回登場したキッチンはこちら

THINKAⅡ ※一部特注品

希望小売価格:1,500,000円(税抜)

プラン

スタイル:ペニンシュラ型 間口2400 奥行き970(特注) オール背面収納仕様

扉(キッチン側):メラミン TJY2686K

扉(背面側):メラミン K-6606KN(特注加工)

 

採用機器

水栓:SANEI、浄水器:トクラス、食洗機:リンナイ、加熱機器:リンナイ デリシア

 

THINKAⅡについての詳細はこちらから