読みもの

進化するキッチンに…

コイズミ照明株式会社 あかりエバンジェリスト

小篭彩子様が語るおすすめのライティング(1)

 

キッチンを取り巻く変化

キッチンのスタイルは近年大きく変化しています。かつては主婦が料理を作るための作業空間であったキッチンですが、今では住まいの中心的な空間となり、家事をしながら家族と会話する、家族で一緒に料理を楽しむ、来客をもてなす、などコミュニケーションの場としての意味合いも生まれました。そんななか、伸びやかな“大空間LDK”の人気もあり、リビング・ダイニングから見ても美しい、オープンなスタイルの「魅せるキッチン」に注目が集まっています。

 

一方、私たちの暮らしはコロナによっても大きく変化しました。一番は在宅時間の変化です。今までの住まいは夜くつろぐための場所でしたが、テレワークが当たり前になり、朝も昼も夜も快適な空間であることが求められるようになりました。
キッチンのスタイルの変化、在宅時間の変化、この二つの変化により、キッチンの照明計画も大きく変えることになりました。
クローズなキッチンスタイルの場合は機能重視だった照明計画が、どこから見ても美しく、朝・昼・晩どんなシーンでも快適に変化することが求められるようになりました。

 

 

キッチン照明計画のポイント

そんなキッチンを取り巻く環境が変化する中で、今求められるキッチンのための照明計画の3つのポイントを見てみましょう。

 

①演色性+明るさ
物の色を自然に見せる高演色タイプの照明器具を選ぶとよいでしょう。さらに作業性を高めるには明るさも重要です。コイズミ照明製品から選ぶなら高演色かつ高効率(少ない電力でも明るい)のR+というシリーズがおすすめです。

 

②色温度の選び方
キッチン=作業空間として使用する場合は作業性に優れ野菜の鮮度の見分けなどがしやすい昼白色が適しています。一方、ホームパーティーなどでゲストと一緒に料理とディナーを楽しむ場合などは、華やかさを感じる電球色が良いでしょう。これからのキッチンにはシーンに合わせて色温度が変えられる機能を追加するとよいでしょう。

 

③器具スタイルの選び方
空間に溶け込むダウンライト、ほしいところにフレキシブルに対応するスポットライト、空間の広がりを強調するラインスタイル、アクセントとなるペンダントライトが進化するキッチンにおすすめの器具スタイルです。

 

次回はより具体的なライティングプランについてお話します。
写真提供/コイズミ照明株式会社

 

~理想のキッチンを創ってみませんか?~

キッチンのお問合わせはこちら

セミオーダーキッチンTHINKAⅡ

 

 

※コイズミ照明のホームページではライティングスタイルのシミュレーションができます。
以下のページからお気軽に検証してみましょう。
https://www.koizumi-lt.co.jp/product/jyutaku/lightingsimulation/

 

関連記事

進化するキッチンにあわせた照明計画 ②

 

キッチン空間にお気に入りの灯りを手に入れるには