ダイニング、キッチ…

大光電機ショールームで学ぶ、照明器具の選び方

 

近年、住宅において照明器具は明るさや色合いを調節できる調光タイプが主流になっています。昼と夜とで雰囲気を変え、自分好みの心地よい空間を作ることができるのが大きな魅力です。

調光タイプは利便性に長けている為、全ての部屋に同じタイプの照明を設置する方も多いのではないでしょうか。しかし、快適な空間を作るためには、用途にあわせた照明の種類を選ぶ必要があるため、調光タイプであれば何でも良いというわけではないようです。

 

そこで今回は、「キッチンとダイニングの照明」にテーマを絞り、照明器具専門メーカーである「大光電機」の照明デザイナーとして活躍されている古川愛子様にお話を伺いました。

 

大光電機 照明士の古川 愛子様。

 

また、インタビュワーには豊富な現場経験を持つ女性キッチンプランナーと女性建築士の方にご参加いただきました。

女性ならでは、主婦目線での実践的な意見や質問が飛び交いました。

 

 

色が持つ「温度」とは?

あまり耳慣れない「色温度」という用語ですが、これは太陽光や自然光、照明などの光源が発する色を表す尺度のことで、光源の温度や明るさとはまた異なります。

照明の光には大きく分けると 電球色・温白色・昼白色 の3種類があります。

色味や光の種類により色温度は異なるため、シチュエーションにより最適な色温度も変わってきます。部屋全体の雰囲気の決め手にもなる照明の“温度”を探っていきましょう。

 

 

キッチンの照明を選ぶときのポイントは

―調理や洗い物など、作業をする上で、光はとても重要です。手元を照らすのに十分な光が必要になりますが、キッチンの照明はどのようなタイプを選ぶのがよいのでしょうか。

 

古川様:キッチンで使用される照明は、主にシーリングライト・ペンダントライト・ダウンライトとありますが、いずれも切り替えが可能な調光・調色タイプにすることをおすすめします。

確かにキッチンでの作業に向いているのは昼白色、つまり太陽光と同じ種類の色温度ですが、パキッとした色なのでほかのエリアの光色と差が出てしまう可能性があります。

例えばリビングやダイニングにはリラックスできる温白色、キッチンには作業に適した昼白色を設置した場合、キッチンだけ白々しく照らされてしまうといった状況です。

調理中は昼白色にしていただくか、もしくは、はじめから電球色と昼白色の中間である温白色にしていると違和感はないと思います。

実際に温白色の色合いを見ていただくと、満足されるお客様が多いです。

 


明るさは確保できているが、リビングやダイニングの色合いによってはキッチンの空間だけ浮いて見える可能性も。

 

―ショールームに来ると実際の色温度の違いを体感できるので、わかりやすいですね。照明の色のほかにも注意すべき点はあるのでしょうか。

 

古川様:照明の数や配置です。ワークトップの面材によっては映り込みが発生する為、照明の数や配置を考慮する必要があります。特にステンレスではそういった現状が起こりやすいです。

映り込みや影ができてしまう具体的な例としては、

・ダウンライトが光沢のある面材に寄っていることで映り込みが起きるケース

・キッチンに立った時、前からの光よりも後ろからの光の方が多くなり

自分の影が手元に落ちてしまうケース

・(背面収納がある場合)吊戸棚の影が背面収納のカウンターに深く映ってしまうケース

などがあります。

 

映り込みや影が多いと、照明の数が多くてもかえって暗く感じるため、作業をする上で非常に不便です。そのため取り付け位置が大変重要になってきます。

ある程度の広さであれば 100w 3台くらいでも充分な明るさを確保することができます。

 


ワークトップに映る手の影を確認している様子。光色と設置場所によって映り方は変化する。

ショールーム内にある吊戸付き背面収納。左がダウンライトで右が間接照明を付けた場合。


 

ダイニングの照明を選ぶときのポイントは

—ダイニングの照明はどんな色温度のものを選ぶとよいのでしょうか。

 

古川様:弊社では演色性を高め、色をより綺麗に見せるときめきシリーズをお勧めしています。

このシリーズは、太陽光の下での色味の見え方を追求した光源になります。どんな色でもそのもの本来の色味を再現できるようにつくられた商品です。

 

 

実際にダイニングテーブルに座り、体験している様子。 左が「ときめき」なし、右が「ときめき」あり。

 

(ときめきシリーズにしたことで)赤みを強く感じます。特に赤と緑はツヤ感が出ていますね。素材の色がはっきり見え、コントラストがはっきりしています。
特にいちごは一層みずみずしさが増していて美味しそうですね。ほかの料理も映えて見えます。

 

古川様:今は間接照明だけでもしっかりと明るさを取れるので、ダイニングにも間接照明を使う家庭は少なくないと思います。注意しないといけないのが間接照明の光だけだと料理が映えにくい事です。

これはキッチンにも言えることなのですが、間接照明はコントラストが出にくく、みずみずしさやツヤが表現されず、のっぺりして見えてしまうのです。

そこでペンダント照明などで直接光を入れることでそれが解消されます。直接光があると、ツヤのある料理はその食材の自然な照りを表現することができ、より美味しさが増して見えます。

 

―食事は五感で味わうものですから、目から入る情報もとても大切ですね。

 

古川様:そうですね。間接照明だけでも空間は成り立ちますが、プラスでペンダントやダウンライトを入れると、ワンランクアップした空間をつくることができます。

 


近年の人気も相まって、ダイニングではペンダントを提案することが多いのですが、頭をぶつけることを気にされるお客様もいらっしゃいます。そういった方への解決策はありますか?

 

大光:ダウンライトのときめきシリーズをおすすめします。天井までの距離が取れる程、光は綺麗にグラデーションされます。統一感があるのですっきりして見え、部屋全体が明るくなります。

ダイニングテーブル面は他の場所と比べておよそ1.5~2倍程度の明るさを確保するのが理想的です。また、そうすることによりダイニングが華やかに見えます。

ダウンライトを集中させるとその直下はかなり明るくなりますので、間接照明と併用する場合でも、ダウンライトを入れるほうがより魅力的なあかりになると思います。

 

―お客様のお好みの明るさやイメージ、生活スタイルにあわせて提案していきたいと思います。

 

大光:ちなみに、ときめきシリーズはキッチン、ダイニングテーブル以外にも、例えば洗面化粧台のミラー前の照明にもお使いいただけます。洗面化粧台に取り付けることで、肌の血色がよく見えたりします。

また、ウォークインクローゼットの中に入れていただくことで、洋服の色が鮮明になります。黒と紺の違いですとか、そういったものもクリアに識別できる光源です。家の全てにときめきを入れる必要は全くないですが、ここだけはきれいに見せたいといったところで入れてほしいですね。

 

 

まとめ

キッチンとダイニングは照明の選び方によって劇的に作業しやすくなったり、雰囲気を変えたりと、快適性をアップできることがわかりました。また、照明の配置や種類によって見え方に変化が起きることを肌で感じました。

これから照明の購入を検討されているお客様には、是非ショールームへ足を運び体験していただくことをお勧めいたします。(要予約)

 


ショールーム内にあるシミュレーションルーム(予約制)。LDKと寝室があり、照明による見え方の違いを体感できる。


 

ショールーム詳細

大光電機 ライティングコア東京

〒130-0026
東京都墨田区両国4-31-17
TEL:03-5600-7780
営業時間:AM10:00~PM6:00
休館日:土曜日、日曜日、祝日、振替休日、年末年始、夏期休暇

HP:https://www2.lighting-daiko.co.jp/showroom/

 

\この記事が気に入った方はぜひシェアをお願いします/

正面から見たBOSCH2機種

販売台数世界No.…

Bosch担当者に訊くBosch食洗機の魅力

 

共働きが増える中、家事の時短化を図り、家族や自分への時間を増やしてくれる『神家電』の一つとして注目されている食洗機。しかし普及率90%の海外に比べ、日本では30%とまだまだ発展途上といえます。海外との普及率の差はどこにあるのでしょうか。世界トップシェアを誇るBoschが満を持して3年前に日本市場に再上陸。海外の食洗機事情も踏まえ、世界の主婦が魅了されるBosch食洗機の魅力をBosch日本総代理店のシニアマネージャー 藤田幸大様にお伺いしました。

インタビュー:志村志保

2019年6月21日公開

食洗機に描かれたBOSCHのロゴ

 

世界シェア30%を誇るBoschの食洗機、再び日本に上陸

―Boschさんは日本では電動工具で馴染みが深い印象ですが、ヨーロッパでは家庭用の家電製品において中核的な企業であると伺いました。どのような会社なのでしょうか。

 

藤田様:主に自動車関連部品や工具、家電、産業機器で世界をリードするドイツ企業のグループで、総売り上げは約10兆円を誇ります。そのうち60%が車関連部品、家電製品では食洗機に関しては世界6工場年間600万台を生産し、世界シェア30%です。ドイツ・デリンゲンにあるボッシュ工場だけでも1日10,000台生産しています。

 

bosch工場

1967年にシーメンスAGとロバート・ボッシュGmbHの共同事業としてBSH Hausgeraete GmbH(以下BSH)が設立。2015年にはボッシュグループがシーメンスの保有株を買い取り、BSHはボッシュグループに完全移管。写真はドイツ・デリンゲンの食洗機専門工場。日産1万台の製造キャパを有する世界最大の食洗機専門工場。

 

―世界トップシェアのBoschさんは1990年代初頭に日本市場にいち早く食洗機市場に参入されていますが、一度撤退された理由と、再度日本市場に参入された理由を教えて下さい。

 

藤田様:Boschの食洗機事業は1992年12月に日本から撤退しています。当時の日本市場は食器洗機より食器乾燥機が主流であり、電気ヒーターでしっかりと食器を乾かす、国産の食洗機乾燥機が好まれました。欧米の食洗機は「汚れを落とす」ことを目的としており、自然の原理を生かした『余熱乾燥』方式は、日本では受け入れられにくいという時代背景がありました。その背景のもと、日本から一旦撤退することになりました。
3年前、Boschは「ゼオライト・ドライ」という乾燥機能を搭載した食洗機を発売しています。また日本向けに、コンパクトなキッチンに組込みやすいW450の機種を用意し、Boschとして再度日本の市場に参入する事ができました。

 

正面から見たBOSCH2機種

左がW600のSMI69N75JP 右がW450のSPI66MS006 どちらも庫内は広く、多くの食器を収納することが可能。

 

広い庫内、環境に配慮された設計ながらも、パワフルな洗浄力

―現在、家事の効率化や家事負担の分担を図る家電として、食洗機の購入を検討されるケースが増えてきております。また、日本の住宅事情として、リビングの真ん中にキッチンが配置されるセンターキッチンが流行ってきており、汚れた大量のお皿やお鍋まで洗える大容量の海外製の食洗機が注目されています。国産メーカーの食洗機と海外メーカーの食洗機とは大きな違いはどこにあるのでしょうか。

 

藤田様:国産メーカーとの違いは大きく3つ挙げられます。
1つ目は、『広い庫内と収納力』です。海外製は国産メーカーに多く見られる引き出し式とは異なり、正面から食器を収納するフロントオープンタイプが主流です。国産メーカーと同じW450タイプでも3~4人家族であれば、1日食事で使用したお皿やコップ、お鍋までまとめて洗うことができます。特に弊社のものは同クラス内トップレベルの収納力があります。ちなみに海外ではW600タイプが普及しており、販売台数の80%を占めています。

 

庫内は広くパワフルな洗浄力が魅力。大切なワイングラスも専用のホルダーを使用することで安心して洗浄可能。

 

2つ目は、『パワフルな洗浄能力』です。200Vのハイパワーと3層のスプレーアームでしっかり汚れをキャッチし、食べ残しを払ってそのまま入れるだけで隈なく汚れを落とします。Boschでは上段バスケットに上下どちらにも散水するダブルスプレーアームを設置しています。

 

 

ECOモードなら通常の食器洗いと比べて約1/10に

 

3つ目は、『節水・省エネ効果』があることです。水道を流しっぱなしで手洗いすると5分間で約60L使います。食洗機ですと7L~10L程度なので、海外・国産ともに節水効果があります。しかし国産メーカーは海外メーカーに比べ容量が少ないこともあり、1日2~3回は使用しなければなりません。1日1回まとめ洗いが可能な海外製はトータルでみると、より節水効果があります。

 

世界的な環境問題へも配慮した設計でありながら、高い機能を誇るBoschの食洗機

 

ドイツをはじめヨーロッパは環境活動が盛んでエネルギーの消費も削減します。食洗機での乾燥方法は、ヒーターを使わない自然の原理を利用した「余熱乾燥」方式です。最終的に65℃以上の高温ですすぎ、食器の温度を上げてからドアを開けることで、庫内温度を下げ、放熱と同時に水分を気化させることができます。

 

ゼオライトのサンプル

ゼオライトは交換不要でメンテナンスフリー

 

自然鉱物「ゼオライト」を生かした乾燥方式

―国産に比べ、海外製は洗浄力があるのも魅力のひとつですね。また環境への配慮も理解できました。しかし、海外製の余熱乾燥方式では十分に乾かないのではないかと、不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。Boschさんの「ゼオライト・ドライ」機能は、どのような乾燥方式なのでしょうか。

 

藤田様:エネルギーの節約技術を生かし、自然な鉱物であるゼオライトの特性を生かした独自の乾燥方式です。ゼオライトは、湿気を吸着すると熱を発生する特性を持っています。
すすぎの終盤で熱された食器から水分が蒸発し、湿った空気は庫内から吸気され、ゼオライトへ送られます。ゼオライトが湿気を吸収し発熱することで、熱く乾いた空気が庫内に戻るという仕組みです。ゼオライトの吸着した湿気は、次の洗浄工程で熱せられ放出されるので再生します。また、カビや汚れも着かない性質を持っているため、交換や補充の必要がなく、半永久的に使用することができます。

 

新モデル(写真右)も登場し、確実に日本でのシェアも伸び始めている

 

カジュアルにお求めいただける価格で長く使える

―海外製の食洗機を購入する際に、ハードルとなるのは国産に比べ初期投資が掛かる点が考えられます。その点はどのようにお考えでしょうか。

 

藤田様:Boschは世界シェア30%のBSHグループの基幹ブランドです。同グループのGAGGENAU(ガゲナウ)ブランドはドイツでも最高級ブランドに位置しますが、Boschは普及価格帯とされ、カジュアルにお求めいただいています。W450タイプのSPI46MS006においては、国内メーカーとほぼ同じ定価です。徹底した品質管理で15年の耐久性テストを実施し、ヨーロッパでは長く修理して使う風習もあり、海外で実際に20年以上ご使用いただいている実績もあります。長期使用を想定し造られておりますので、長い目で見ていただきますと、国産メーカーと大きな差にはならないと考えております。

 

購入から5年間、機器の故障・不具合に関わる修理等の費用が保証書の記載内容に基づき、全て無料に

 

業界初の無償メーカー保証5年の安心感

―アフターサービスは充実しているのでしょうか。また、修理が発生した場合に高額になるのではという心配もありますが、その辺りは如何でしょうか。

 

藤田様:Bosch食洗機の代理店である弊社は、この度業界初の無償メーカー保証を2年から5年に設定しました。(※購入時に食洗機に付属されるハガキを投函することが必要になります。)アフターサービスのエリアについては、北海道から沖縄・離島まで全国に対応しております。保証期間外での修理も、全国一律価格で対応致します。部品保有期間に関しては、改廃から10年(日本代理店のみ)は対応できるようにしておりますので、長期保証とアフターサービスは安心してご購入いただけます。

 

排水配管が簡単にできる部品の開発など、施工面でも様々な工夫を試行錯誤している

 

輸入機器ならではの設置条件もTHINKAⅡなら問題なし

―新築だけでなく、リフォームや国産からの買い替えなど様々なケースがありますが、設置について注意する点などございましたら教えて下さい。

 

藤田様:まず、ブレーカー付き単層200Vが必要です。リフォームや買い替えの場合は既存との取り合いにご注意下さい。そしてビルトインする際の設置高さとして86cmが必要となります。国産メーカーのキッチンカウンターの高さは85cmが標準のため、設置可能か予め確認が必要です。THINKAⅡのキッチンはカウンターの厚みが薄いため、85cmでも問題なく入りますね。また、庫内が広い設計になっているため、海外製の食洗機は、給排水の接続が左右のキャビネット内になります。そのため、シンクキャビネット内で排水配管が簡単にできるよう、食洗機専用排水継手を開発しました。(※SP1456MS006シリーズのみ入付部品になります)

 

「滝の音」を大音量で再生した携帯を食洗機庫内に入れる実験。高い静音性であることがわかる。

 

高い静音性で運転音は「図書館と同レベル」

―最後に、個人的には食洗機の運転音が気になります。カタログでは運転音は42㏈(IEC60704-2-3に基づく)で「図書館と同レベル」の静けさとありました。体験することは可能でしょうか。

 

藤田様:㏈の基準値が日本とヨーロッパでは異なります。実演は出来ませんが、スマートフォンの音楽で体験頂きましょう。(※スマートフォンなどの音が鳴る電子機器を庫内に入れて扉を閉めることで、静音性を体験することができます)

 

まとめ

今回のインタビューを通じて、海外食洗機とBoschの魅力を知ることができました。大容量で節水や省エネ効果も高く、長期保証・アフターサービスがしっかりしていることから、日本の住宅に合った食洗機であると感じています。そのため、THINKAⅡではBoschの食洗機を設定しております。食洗機の購入を検討されているお客様には、日本向けに製造されたBoschの食洗機をぜひご検討いただきたく思います。

 

ショールーム詳細

Bosch 東京ショールーム

〒103-0007

東京都中央区日本橋浜町3−26浜町京都ビル3F

株式会社G-Place

※完全予約制となっております。

TEL:03-3663-8745

HP:https://dishwashers.club-bs.jp/showroom/

 

\この記事が気に入った方はぜひシェアをお願いします/